チャージを制御できないことに対する突然の緊急防衛

デラウェア郡の最近のケースでは、オハイオ州のチャージを制御できないことに対する潜在的な防衛が強調されている。 私たちは最近持っていた非常に氷と雪の天候で、私たちは氷の上でスライドした後、電荷を制御するために失敗に直面してクライアントの多くのケースを見ています。

一般的に、あなたが道路から滑り落ちて事故に遭った場合、裁判所はあなたが合理的な制御を維持できなかったと結論づける可能性があります。 しかし、一つの潜在的な防衛は、”突然の緊急事態の存在です。”この例外は、オハイオ州最高裁判所によって認識されています,それが唯一のケースの狭いカテゴリに適用される場合がありますが、.

例えば、州対トーマス、2014-オハイオ-319では、被告は午前3時頃に二車線道路上のフロント除雪車で彼のピックアップトラックを運転していました。 彼のビジネスは除雪であり、彼は当時働いていました。 制限速度は55mphであり、彼は25と30mphの間で運転していた。

しかし、反対方向に大型の鋤で運転していたダンプトラックが被告人の車線に”侵入”していた。 被告は彼の車線の右側に移動し、彼のトラックのタイヤの二つは、草の上に道路をオフに行きました。 他の除雪車が通過した後、彼は彼の車線を再入力するために左折しようとしました。 彼は中央線を横切って滑り、道路から外れ、堤防と木に衝突した。

兵士が溝の中の被告人の明かりを見て接近した。 現場では、運転手は”過矯正”と言い、道路の左側をオフにしました。 彼の書面による声明では、彼はまた、彼が持っていたと述べました”終わった。”トルーパーは彼に合理的な制御、R.C.4511.202の違反を維持するために失敗したためのチケットを書いた。 裁判裁判所は彼を有罪とし、被告は上訴した。

被告は控訴し、彼は彼の意思ではなく、彼の制御を超えた突然の緊急事態に直面していたと主張した。

合理的な管理法令のない操作は言う:

“(A)いかなる人も、車両の合理的な制御を受けることなく、車両交通のために一般に公開されている道路、高速道路、または財産上で自動車を操作してはならない**** * * “

一般的に、溝に駆動する合理的な制御の欠如を示しています。 しかし、オハイオ州最高裁判所は、ドライバーが”突然の緊急事態”の犠牲者である場合、遵守する彼の失敗は免除されると判断しました。 例えば、裁判所は、濡れたまたは凍った道路上の横滑りが運転者によって予防可能であることを発見した。 悪い道路状況だけでは十分ではありません。 しかし、真の緊急事態が発生した場合、制御の失敗は免除される可能性があります。

ここで、運転手は雪の状況を認識し、慎重に運転していたこと、他の除雪機を追加できるように移動したこと、トラックを道路に戻したときにのみ堤防に向かったことを証言した。

それにもかかわらず、道路に戻ろうとしている間に彼が”過補償”したという現場に関する彼の以前の声明は致命的であった。 裁判官は立場の彼の声明よりもむしろ場面の彼の声明を信じ、彼が制御の彼の損失を許す突然の緊急事態に直面しなかったことが分った。

彼が現場でこの声明をしなかったならば、これは別のケースだったかもしれない。 彼が本当に雪の状態のために慎重に運転していて、道路から追い出されたならば、実行可能な「突然の緊急」防衛があったかもしれません。

あなたがコントロールに失敗して起訴されており、電荷に異議を申し立てたい場合は、コロンバス交通弁護士と話をするために私たちのオフィス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Related Posts