母体周産期病院”Mónica Pretelini Sáenz”

  • 2歳未満の婦人科年齢の妊娠中のティーンエイジャー。 <7801><3339>年齢35歳以上。
  • 遺伝子間間隔が2年未満。
  • 子癇前症-子癇。
  • 妊娠2ヶ月目に出血しました。
  • 死産。
  • 先天性または後天性心疾患。

婦人科年齢が2歳未満の妊娠中の思春期:
PE(子癇前症-子癇)、未熟児および低出生体重を発症する可能性が高い。
年齢35歳以上:複雑な形態のPEの発生の増加、胎盤挿入の低さ、および産後の子宮アトニーに関連する。
二年未満の遺伝子間間隔:ある妊娠と別の妊娠の間隔が2年未満の場合、未熟児および子宮内発育遅延の可能性が高くなります。
多重力:現在の妊娠を含めて三つ以上の妊娠をしている場合、胎盤挿入および産後の子宮アトニーが低い確率が高くなります。
二つの中絶の歴史は、発生の50%の確率に関連している;三つ以上の連続流産は、再発の70%の確率に関連している;この最後のケースでは、習慣的な中絶の診断。
以前の妊娠における子癇前症-子癇の既往は、この合併症の再発の可能性が高いことと関連している。
妊娠の後半に出血の歴史,前の妊娠は、次の妊娠で再発する可能性が高いです
前の帝王切開の歴史,のリスクの増加に関連しています:胎盤の低挿入,acretismoと分娩中の子宮瘢痕の胎盤破裂;このリスクは、以前のc-セクションの数として指数関数的に増加します.
夫婦の先天性奇形の既往があると、製品に先天性奇形が発生する可能性が高くなる。
以前の妊娠における胎児死亡の病歴は、通常、慢性的な根底にある病理を翻訳するため、反復の可能性がより高いと関連している。
未熟児の歴史が繰り返される可能性が高い。
高血圧の既往は、PEのリスク、子宮内発育の遅延、胎児および母体の死亡を増加させる。
真性糖尿病の病歴は、PE、中絶、先天性欠損、子宮内発育遅延、または胎児の顕微授精の可能性が高いことと関連している。

低リスクおよび高リスクの腕の場合に従うべき医療行為

腕が診断されたらすぐに、相談の頻度は最初の6ヶ月間は毎月、第七および第八ヶ月間は15日ごと、第九 低リスクの妊婦は、少なくとも5つの出生前検査を受けるべきである。 40週を超える妊娠の延長は、妊娠が42週を超えて拡張しないことを保証するために、追加の毎週の相談が必要です。 すべての妊婦は、各相談で血圧と眼底を測定し、体重管理を行い、破傷風トキソイドを適用し、健康サービスとの最初の接触から最初の投与を開始し、スキームを開始してから4-8週間後に鉄と葉酸を予防的に処方する必要があります。 他の薬の処方は、好ましくは第14週後に医学的指示の下にのみ行われる。
血液バイオメトリクス、グループおよびrh、一般尿検査、ベースライン血中グルコース、およびVDRLの検査を注文してください。
BhはHbおよびヘマトクリットレベルを確認するために18-20週および32-34週に繰り返されるべきであり、glycaemic制御も正常を確認するために32週に繰り返されるべきである。 Papスミア(過去3年間に実施されていない場合)および高リスク患者におけるHIVスクリーニング。
ガイドライン

  • ハイリスクに焦点を当てた出生前ケア。pdf
  • 高リスク妊娠。pdf
  • 家族計画ガイド。pdf
  • 高リスク妊娠の出生前モニタリングガイド。pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Related Posts